So-net無料ブログ作成
検索選択

便秘とはどのような状態か [概要]

なぜ便秘になるのでしょうか。
そして便秘とはどのような状態のことをいうのでしょうか。

自然な排便のリズムが崩れてしまい、便が非常に長い期間、腸内にとどまって排泄されることがない状態のことを便秘と言います。

どのくらいの期間、排便がなければ便秘と言えるかは、一般的には、2、3日排便がないと自覚する人が多いようですね。
なかには毎日排便がないと便秘だと思い込んでいる方もおられます。

しかし実際は、2、3日に1回でも、排便が規則的でスムーズに行われ、残便感がなければ便秘とは言いません。
理想は1日1回の排便なのですが、個人差は当然ありますのでこだわる必要はありません。

ただ、毎日食事はするものです。
つまり、便はどんどん作られているということです。
通常、食後30時間から120時間で排泄に至りますので、5日以上排便がない場合は、便秘と見るべきでしょう。
また、毎日排便があっても、残便感があるようなら正常な排便とはいえません。
こちらも、便秘と考えるべきでしょう。

便秘を解消するためには、まずしっかりと便秘の仕組みを知ることが大事です。
便秘の原因をつきとめて、その原因にあった解消法を行うことが最も有効な便秘解消法と言えます。
タグ:便秘

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。