So-net無料ブログ作成

乳幼児の便秘 その3 [原因]

乳幼児の便秘対策と解消法です。
大人であれば、1日1回の排便が理想的であるとよく言われていますが、乳幼児の場合だと、理想的な排便回数というものはありません。
乳幼児は、消化吸収能力や肛門のしまりが未熟なので、マッサージ 新宿でいうように基本的に大人よりも排便回数が多いというのが普通です。

乳幼児の便秘については、排便回数や便の状態よりも、排便時に痛がったり苦しがったりしていないか、といったことをチェックすることが大事です。

排便時に苦痛があるのなら、排便は辛いものだと無意識に思い込んでしまい、便意があっても我慢するクセのようなものがついてしまいます。
この状態が続くことで、大人でいうところの直腸性便秘になってしまいます。

生後2、3ヶ月くらいの乳幼児は、まだ排便能力が身についません。
ですので、苦しそうに排便するときもあります。
しかし成長するにつれて腹筋がつくので、やがてスムーズに排便できるようになりますので、心配する必要はないでしょう。
そして乳幼児は腹筋が弱いので、お腹を優しくマッサージやリフレクソロジーし、蠕動運動を活発にしてあげるといいと思います。

また、離乳食に変え始めたときに便秘になったのならば、水分と食物繊維の摂取量を意識的に増加することで便秘が解消することが多いようです。
ただし、食物繊維の過剰摂取は栄養素が吸収されなくなることもありますので注意してください。

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。