So-net無料ブログ作成

弛緩性便秘という便秘 [種類]

機能性便秘の一つである、弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)とは、
大腸の筋肉がゆるんで、
蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発に行われないために、
便がスムーズに流れず、
長時間、腸内に便が滞留することで便の水分が腸壁から吸収されて、
便が硬くなって排便しづらくなり、
便秘となってしまうのです。

慢性便秘の中では、弛緩性便秘が一番多いともいわれていて、
高齢者や中年以降のお産を多く経験した女性によく見られています。

また近年では、
腹筋が弱く体力のない若い女性にも見られ、
直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)と
合併する場合もあるようです。

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。