So-net無料ブログ作成
検索選択

胃結腸反射と直腸結腸反射 [知識]

便秘の改善には、朝の胃結腸反射と直腸結腸反射の生理現象を利用していきます。

朝、ご飯を食べると胃が刺激されてぜん動運動が始まり、便を直腸に送り出す胃結腸反射が起こります。
便が直腸に行くと直腸が刺激され、便意を感じると同時にぜん動運動も活発になり直腸結腸反射が起こります。
この反射は1日に何回も起こりますが、朝が最も効果があります。

トイレを我慢することを続けていると直腸結腸反射が弱くなり、直腸まで便が降りてきているのになかなか出なくなる直腸性便秘や、便を送り出すぜん動運動が弱くなる弛緩性便秘になってしまいます。
まずは朝食後にトイレに向かう習慣をつけましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。