So-net無料ブログ作成
検索選択

子供の便秘 その1 [原因]

小学生くらいになると、大人と同じ原因で便秘になることが多くなってきます。
大人であれば運動不足なども便秘の原因なのですが、子供の場合は食事に原因があるということが多いようです。

最近の子供は、好き嫌いが多くなり、またそれがある程度認められるような家庭が多くなっているようです。
偏食や間食によっても栄養がかたよってしまいます。
お菓子やファーストフード、肉類ばかりの食生活が続くと野菜不足、食物繊維不足となり、便秘へとつながってしまいます。

また、最近では、料理が苦手な母親も増えてきているようです。
子供に好き嫌いなく食べさせることは難しいことですが、色々な食品から食物繊維を摂れるように、料理を工夫してみてください。

子供の便秘を解消する食生活のポイントです。
・肉類中心の食事から魚と野菜中心の食事にきりかえる
・おやつはスナック菓子より焼きいもやフルーツにする
・食物繊維を多く含んだ食事を心がける
タグ:子供 病気 便秘

共通テーマ:健康

乳幼児の便秘 その3 [原因]

乳幼児の便秘対策と解消法です。
大人であれば、1日1回の排便が理想的であるとよく言われていますが、乳幼児の場合だと、理想的な排便回数というものはありません。
乳幼児は、消化吸収能力や肛門のしまりが未熟なので、マッサージ 新宿でいうように基本的に大人よりも排便回数が多いというのが普通です。

乳幼児の便秘については、排便回数や便の状態よりも、排便時に痛がったり苦しがったりしていないか、といったことをチェックすることが大事です。

排便時に苦痛があるのなら、排便は辛いものだと無意識に思い込んでしまい、便意があっても我慢するクセのようなものがついてしまいます。
この状態が続くことで、大人でいうところの直腸性便秘になってしまいます。

生後2、3ヶ月くらいの乳幼児は、まだ排便能力が身についません。
ですので、苦しそうに排便するときもあります。
しかし成長するにつれて腹筋がつくので、やがてスムーズに排便できるようになりますので、心配する必要はないでしょう。
そして乳幼児は腹筋が弱いので、お腹を優しくマッサージやリフレクソロジーし、蠕動運動を活発にしてあげるといいと思います。

また、離乳食に変え始めたときに便秘になったのならば、水分と食物繊維の摂取量を意識的に増加することで便秘が解消することが多いようです。
ただし、食物繊維の過剰摂取は栄養素が吸収されなくなることもありますので注意してください。

共通テーマ:健康

乳幼児の便秘 その2 [原因]

乳幼児が便秘になる原因として、以下の4つがあげられています。

・生まれつきの体質
・腹筋が弱い
・水分不足
・離乳食を始めた直後

このなかで離乳食を開始した直後というのは、徐々に便が硬くなってくる時期にもかかわらず、まだ腹筋が弱いせいで、排便する力が弱すぎて、便秘となることが多いようです。
ちなみに乳幼児のお腹がふくらんでいるのは、腹筋が弱いからだそうですよ。

乳幼児の便秘と母乳も関係がある事項です。
母乳というのは栄養を豊富に含んでいます。
そしてその中には、腸内で善玉菌の栄養素となるビフィズス菌も含まれています。
したがって、母乳で育てるほうが、ミルクで育てるよりも排便回数は多くなることになり、そこから便秘になりにくいといわれています。

共通テーマ:健康

乳幼児の便秘 その1 [治療]

便秘と言うのは大人だけの病気ではありません。
乳幼児の場合でも2日~3日排便がないことはよくあることなのです。
それほど神経質になる必要はないのですが、それが1週間以上も便秘が続いたり、嘔吐や、排便時の出血が見られるといった場合なら、すぐに病院で専門医に相談する必要があるでしょう。

言うまでもなく、苦しんだり痛がったりする様子がみれて、それが続くような場合も医師の診察を受けた方がいいですね。

治療なのですが、乳幼児の便秘の場合だと、よく浣腸が使用されます。

しかし、定期的に浣腸を繰り返し使用していると癖になってしまい、浣腸なしでは排便できなることもありますので、その点は注意した方が良いでしょう。
まずは腹部のマッサージなどを繰り返してみて、それで改善が見られない段階で使用するようにしましょう。

共通テーマ:健康

妊娠と便秘 その5 [原因]

妊娠中の便秘を予防、解消する方法の続きです。

・十分な睡眠
母子ともに、睡眠はとても重要です。
十分な睡眠や規則正しい生活によって、身体のリズムを正常に保つことが、便秘の解消にもつながります。
便意があってもなくても、毎朝、決まった時間にトイレに行く習慣をつけるという手もあります。

・バランスのとれた食生活
栄養のバランスのとれた食生活は、便秘解消の基本となります。
逆に栄養のバランスの偏った食生活は、便秘になる原因とも言えます。
食物繊維を多く含む食品をたくさん摂ることも、便秘解消の重要なポイントとなります。
また、乳酸飲料やヨーグルトに含まれる乳酸も、腸を刺激して排泄を促進する効果があります。

・ストレスをためない
ストレスをためないことも便秘解消には大切ですので、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。
消化器官の働きは、自律神経によって大きく左右されますので、精神的な緊張や不安で、腸の働きが鈍くなり、便秘が悪化してしまうこともあります。
心配なことは医師や家族、友人に相談し、ストレスはためこまないようにしましょう。

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。