So-net無料ブログ作成

妊娠と便秘 その4 [原因]

妊娠中は便秘になる可能性が格段に上がります。
ですので、妊娠中の便秘を予防、解消する方法を考えて見ましょう。
妊娠中の便秘も普段の便秘も、予防法、解消法に特に違いはありませんが、妊娠中ということでマッサージ 中央区以外にも気をつけることもあります。

・朝起きたら、まず水を飲む
コップ1杯の水か牛乳を飲んで、腸に刺激を与えましょう。
寝ぼけた腸に水分が入ると、腸が便を排出するための蠕動運動を開始します。
また、朝だけでなく日中もできるだけ、水分はこまめに摂取するように心がけましょう。

・適度な運動
妊娠中は、どうしても運動不足になりがちです。
激しい運動はできませんが、軽い散歩や妊婦体操、マタニティスイミングなどは可能であればしておいた方が良いですね。
適度に身体を動かすことで、全身の血液の循環がよくなるので、腸の動きが促進されます。
母子ともに心地良い程度の軽い運動を続けるのがいいですね。
また、妊婦体操などは指導してくれる医院もありますので、マッサージ 東京でも相談してみてください。

妊娠と便秘 その3 [原因]

妊娠中に便秘になったとして、実際、薬を飲んでもいいのか迷ってしまわないでしょうか。
一般的に、便秘の薬は、胎児に影響は無いと言われています。
とは言っても、市販の薬は、身体に合わないと、下痢や腹痛を起こすこともありますので不安ですよね。

妊娠中はとくに心配となるでしょう。
やはり、市販薬を自己判断で服用することは避けたほうがいいでしょう。
産婦人科医に相談して、便秘の薬を処方してもらうのが良いと思います。
おなかが張ってきたり、4、5日も便秘が続いたり、痔をともなったりするような場合には、必ず医師に相談しましょう

ところで、便秘薬と言うものは、大きく分けて2種類あります。
大腸を刺激して、便通を促進させるタイプのものと、便を柔らかくしてスムーズに排便できるようにするタイプのものです。

大腸を刺激するタイプの便秘薬を大量に使用すると、流産や早産に繋がる恐れもありますので、妊娠中は注意が必要です。
しかし、産婦人科医の処方に従って服用するかぎりは、当然、問題ありません。

また、便秘から痔になってしまう人も多いようですが、痔の薬の多くは、軟膏や坐剤です。
使用する場所も限られていますので、胎児への影響はほとんどないと言っていいでしょう。
痔の薬には、痛みをやわらげる作用がありますが、基本的には便秘を解消し、便を柔らかく保つことが一番の対処法です。

妊娠と便秘 その2 [原因]

一般的に便秘になると痔になりやすくなるのですが、さらに妊娠中だと、便秘にもなりやすく、痔にもなりやすくなってしまいます。

妊娠中の女性は、黄体ホルモンの影響で腸の蠕動運動が鈍くなるため、便秘を起こしやすい状態にあります。
また、大きくなった子宮が血管を圧迫したり、便秘によって肛門周囲が圧迫されたりすることなどが要因となって、痔が悪化しやすくもなります。
痔になると、排便時に痛みがあるので、それが嫌な余り便意を我慢してしまいがちになり、ますます便秘を悪化させてしまいます。

しかも頑固な便秘になると、排便時に強くいきむことになりますので、流産や早産への影響もあるかもしれません。
そのような事態にならない為にも、適切な治療で便秘と痔を解消する必然性があります。

ただし、妊娠中、自己判断で市販の薬を服用することは、どんな影響があるかもしれないので、避けるようにしてください。
妊娠中の痔の治療は、必ず肛門科、産婦人科の専門医に相談し治療方針の指導を受けましょう。

また、妊娠中に痔が悪化し、痔の手術が必要になったケースでは、それなりに危険をともないます。
痔を悪化させる前に、早めに医師に相談し、早期治療を強くおすすめします。

妊娠と便秘 その1 [原因]

女性に便秘が多い原因のひとつに、妊娠があります。
特に便秘がちではなかった人でも、妊娠すると便秘になりやすくなるからです。
妊婦が便秘になりやすい原因は、大きく分けてふたつあります。

まずひとつは、妊娠によって、黄体ホルモンの分泌が盛んになることです。
黄体ホルモンには、筋肉を緩めて、腸の動きを鈍らせる作用があります。
その為、黄体ホルモンの分泌が盛んになる妊娠中には、腸の動きが悪化し、便秘になりやすくなるわけです。

もうひとつは、大きくなった子宮が、骨盤の中で腸を圧迫したり、腸の動きを低下させたりすることです。
妊娠中期から後期になると、子宮が大きくなって、骨盤の中に入りこみ、腸を圧迫します。

更に、妊娠中は運動不足になってしまうので便秘になりやすくなります。

また、女性にとって妊娠は、精神的にも影響が大きいので、精神的な変化も便秘の要因のひとつと考えられています。

また、妊娠中は痔にもなりやすくなります。
大きくなった子宮に圧迫され、直腸や肛門のまわりの静脈がうっ血し、痔にもなりやすくなるのです。
そして、痔の最大の原因は便秘ですので、痔を予防するためにもまず、便秘を防ぎましょう。

[PR]
新宿 マッサージ
マッサージ 東京
タグ:妊娠 病気 便秘

便秘の検査 後編 [検査]

・腹部単純エックス線検査
腸内にガスや便が、どれほど溜まっているか、腸閉塞状態になっていないか、といったことを調べます。
一般的に、立った姿勢と寝た姿勢のエックス線写真を1枚ずつ撮ります。

・注腸造影検査
肛門から造影剤(バリウム)を入れ、わずかな凹凸をとらえてエックス線写真を撮る検査になります。
これで、がんやポリープ、憩室などを調べることが可能です。
腸の粘膜の状態を、より鮮明に撮影することができます。
検査する場合は、大腸内に便が残っていると正確な診断ができないので、腸内を空にしておく必要があります。
検査前日から専用の食事をとったり、下剤を飲んだりして準備します。

・内視鏡検査
肛門から腸へ、細い管状のファイバースコープを入れることで、直接肉眼で大腸内を検査します。
直腸やS状結腸だけでなく、もっと奥深くの盲腸あたりまで見ることができます。
最近は、電子スコープが普及してきたので、小さな異常や早期のがんなども、これまでより早く発見できるようになりました。
また、異常のある細胞組織の一部を、その場で採取することも可能です。
これは生検と呼ばれます。
また、ポリープなどを、その場で切って取り除き、治療することも可能です。
検査にあたって、注腸造影検査とは違い、当日朝から腸管内を洗い流す液体を飲むことで準備します。
タグ:病気 検査 便秘

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。