So-net無料ブログ作成
検索選択

妊娠と便秘 その1 [原因]

女性に便秘が多い原因のひとつに、妊娠があります。
特に便秘がちではなかった人でも、妊娠すると便秘になりやすくなるからです。
妊婦が便秘になりやすい原因は、大きく分けてふたつあります。

まずひとつは、妊娠によって、黄体ホルモンの分泌が盛んになることです。
黄体ホルモンには、筋肉を緩めて、腸の動きを鈍らせる作用があります。
その為、黄体ホルモンの分泌が盛んになる妊娠中には、腸の動きが悪化し、便秘になりやすくなるわけです。

もうひとつは、大きくなった子宮が、骨盤の中で腸を圧迫したり、腸の動きを低下させたりすることです。
妊娠中期から後期になると、子宮が大きくなって、骨盤の中に入りこみ、腸を圧迫します。

更に、妊娠中は運動不足になってしまうので便秘になりやすくなります。

また、女性にとって妊娠は、精神的にも影響が大きいので、精神的な変化も便秘の要因のひとつと考えられています。

また、妊娠中は痔にもなりやすくなります。
大きくなった子宮に圧迫され、直腸や肛門のまわりの静脈がうっ血し、痔にもなりやすくなるのです。
そして、痔の最大の原因は便秘ですので、痔を予防するためにもまず、便秘を防ぎましょう。

[PR]
新宿 マッサージ
マッサージ 東京
タグ:妊娠 病気 便秘

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。