So-net無料ブログ作成
検索選択

慢性の軟便症状には [症状]

下痢という軟便を繰り返していると、やがて慢性化してしまいます。
慢性化すると、治りにくくなります。

慢性の軟便症状を抱えている場合は胃腸が弱いと考えられますが、他の要因も考えられます。
気になる場合は、病院で医師の診断を受ける事をおすすめします。
新宿 出張マッサージの癒しの時間

なかには、生まれ持って胃腸が弱いという人もいます。
そのような場合、薬による治療は難しいでしょう。
しかし、改善する為の策はあります。
それは、腸内環境を良くする事です。
身体が軽くなる出張マッサージ 都島区

腸内環境を良くするという事は、善玉菌の活動を活性化し、増殖させ、腸内を健康な状態にする事です。
ビフィズス菌や乳酸菌を摂って、善玉菌を増やすようにしてみましょう。


共通テーマ:健康

下痢のお悩み [症状]

下痢の症状はさまざまですが、自律神経失調症が原因で病気になる過敏性腸症候群があります。

この過敏性腸症候群の症状は、便秘や下痢を繰り返すといった症状が起こります。
腸を検査しても何も異常はなく、精神的ストレスが原因です。
高年期の場合も自律神経が乱れるため、血行が悪くなり腸の働きも低下し便秘や下痢になりやすくなります。

食物繊維を多く摂るように心がけ栄養のバランスの良い食事にします。
運動をすると血行が良くなり腸も刺激されて症状が軽くなってきます。

ストレスも症状を軽くするため、ストレスを発散したり、リラックスできることをやってみましょう。
症状が緩和されない場合は、専門医に相談してみましょう。

共通テーマ:健康

機能性便秘という便秘 [種類]

機能性便秘とは、腸(大腸)自体には問題はみられないのですが、腸(大腸)の機能が低下し異常がある時に起こる便秘のことでをいいます。

機能性便秘にも「慢性便秘」と「急性便秘」という2つが存在しています。

そして慢性便秘は、「弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)」「痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)」「直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)」の3つに分けられているのです。

日頃、便秘に悩まされているのは、機能性便秘の慢性便秘の場合が多くなっています。

機能性便秘の場合は、日常の生活の中に多く問題があります。
便秘は、食生活を見直したり、生活の習慣を見直しみることで解消できることがありますので、自分の食生活や生活習慣を1度見直してみることをオススメいたします。


共通テーマ:健康

子供の便秘 その3 [原因]

昔の子供は、学校から帰ってきたらほとんどが外で遊んでいました。
しかし、いまではテレビゲームやパソコンの普及、塾通いなどの理由で外で遊んでいる子供は随分と減ってしまいました。学校でも、休み時間に校庭で遊ぶ子供が減ったことで、運動能力が落ちていることも分かってきました。

最近の子供は、運動不足になりつつあるのです。
運動不足になると、筋力が低下します。
つまり、腹筋の低下によってぜん動運動の低下となり、便秘になってしまうのです。
腹筋が弱いため、排便する力が弱いともいえます。

外で遊ぶ子供が減った理由は、ほかにもさまざまな要素があり、現代社会では難しいかもしれませんが、
子供が積極的に運動できるような環境を作ってあげるべきではないでしょうか。

共通テーマ:健康

子供の便秘 その2 [原因]

小学生だと学校で排便することができない子供が多く見られます。
学校で排便できないことで、必然的に我慢する癖がついてしまい、その結果、便秘がちになってしまいます。(直腸性便秘)

学校で排便できない理由は、恥ずかしい、冷やかされる、いじめられる、家のトイレと違うため落ち着かないなどが多いようです。
中学生にもなると、排便行為が、どれだけ大切なことかわかるので、そういったことも減ります。
これを解決するためには、まず排便することは恥ずかしいことではないということを各家庭でしっかり教えることが大切ですね。

便意がきたら迷わずトイレに行くことを教えてあげてください。
場合によっては、和式トイレで排便する練習も必要かもしれませんね。

とはいっても、授業中にトイレに行くのは、なかなか勇気がいることかもしれません。
ですので、毎日規則正しい生活を心がけさせ、学校で排便しなくてもいいように、毎朝排便する習慣をつけるということも有効です。
タグ:子供 病気 便秘

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。