So-net無料ブログ作成
検索選択

下痢のお悩み [症状]

下痢の症状はさまざまですが、自律神経失調症が原因で病気になる過敏性腸症候群があります。

この過敏性腸症候群の症状は、便秘や下痢を繰り返すといった症状が起こります。
腸を検査しても何も異常はなく、精神的ストレスが原因です。
高年期の場合も自律神経が乱れるため、血行が悪くなり腸の働きも低下し便秘や下痢になりやすくなります。

食物繊維を多く摂るように心がけ栄養のバランスの良い食事にします。
運動をすると血行が良くなり腸も刺激されて症状が軽くなってきます。

ストレスも症状を軽くするため、ストレスを発散したり、リラックスできることをやってみましょう。
症状が緩和されない場合は、専門医に相談してみましょう。

機能性便秘という便秘 [種類]

機能性便秘とは、腸(大腸)自体には問題はみられないのですが、腸(大腸)の機能が低下し異常がある時に起こる便秘のことでをいいます。

機能性便秘にも「慢性便秘」と「急性便秘」という2つが存在しています。

そして慢性便秘は、「弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)」「痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)」「直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)」の3つに分けられているのです。

日頃、便秘に悩まされているのは、機能性便秘の慢性便秘の場合が多くなっています。

機能性便秘の場合は、日常の生活の中に多く問題があります。
便秘は、食生活を見直したり、生活の習慣を見直しみることで解消できることがありますので、自分の食生活や生活習慣を1度見直してみることをオススメいたします。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。