So-net無料ブログ作成
検索選択

下痢とインフルエンザ [症状]

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによる感染症で風邪とは異なります。
流行性があり、重症化する場合もあります。

1~3日の潜伏期を経て、悪寒を伴う高熱、全身の倦怠感を伴って発症します。
鼻汁、咳、咽頭痛などの呼吸器症状や、吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状を伴うことが多く、頭痛、関節痛も現れます。身体の悲鳴に出張マッサージ 難波

症状の程度・持続期間はさまざまですが、合併症がない場合は1週間~10日以内に軽快します。
発症した場合の重症度は、ウイルス側の要因と、個体側の要因などによって決まります。
乳幼児は初感染であることが多く、成人に比べて重症化しやすく、また高熱による熱性けいれんを起こすことがあります。リンパマッサージ 世田谷区のすすめ
細菌性の肺炎や中耳炎の合併があると高熱が続くので注意が必要です。

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。