So-net無料ブログ作成
検索選択

水分補給の重要性 [知識]

沢山の水分を、摂っても尿の量が
増えるだけで、便秘には効果がないと
思っている人がいますが、
そんなことは、ありません。

便の硬さや柔らかさには、
水分の量の違いが大きく関係しているのです。

つまり、水分を十分に摂ることは、
便も柔らかくすることに繋がり
便秘を解消するのに役立つのです。

朝起きてから、ミネラルウォーターを飲めば、
それだけで、自然な便意を催すことが出来ますよ。

普段、水分の摂取量が足りないと感じている方は、
意識的に水分を補給することを心がけましょう。

タグ:水分補給

共通テーマ:健康

宿便について [症状]

宿便というのは、大腸の壁に
こびりついている便のことです。

成人の腸管の表面積は、
広げるとテニスコート1面程になるとされています。

■発見した優良なマッサージサイト■
忘れられない出張マッサージ(千代田)

宿便は、この腸に溜まった便とされていますが、
腸は2~3日の間に生まれ変わって、
古い細胞を便と一緒に排泄する仕組みになっています。

ですから、宿便と言われる便が
本当に存在しているかは、はっきり判明していません。

■使いやすいマッサージ紹介サイト■
出張マッサージを静岡で探せ

また便の色が黒い場合は、
胃や、食道などからの出血の可能性があります。

宿便だろうと簡単に考えずに、
医者で受診されことをオススメします。

タグ:宿便

共通テーマ:健康

胃結腸反射と直腸結腸反射 [知識]

便秘の改善には、朝の胃結腸反射と直腸結腸反射の生理現象を利用していきます。

朝、ご飯を食べると胃が刺激されてぜん動運動が始まり、便を直腸に送り出す胃結腸反射が起こります。
便が直腸に行くと直腸が刺激され、便意を感じると同時にぜん動運動も活発になり直腸結腸反射が起こります。
この反射は1日に何回も起こりますが、朝が最も効果があります。

トイレを我慢することを続けていると直腸結腸反射が弱くなり、直腸まで便が降りてきているのになかなか出なくなる直腸性便秘や、便を送り出すぜん動運動が弱くなる弛緩性便秘になってしまいます。
まずは朝食後にトイレに向かう習慣をつけましょう。


共通テーマ:健康

直腸性の便秘 [症状]

直腸性の便秘は、便が出口付近まで
来ているのに出ないと言う状態の便秘です。

直腸性の便秘は、便意を
我慢する習慣で発症する便秘です。

また、便秘の解消のために、
浣腸など強い刺激を直腸に
与え続けると起こる症状でもあります。

PRマッサージを札幌市中央区に呼び寄せる

直腸に強い刺激が加わることが多いと、
少しの刺激では直腸が反応しなくなります。

解消方法としては、便の量を増やす効果のある
食物繊維の多い食品を摂取して、
水分を沢山摂ることがひつようになります。

PRオイルマッサージを大田区で受けたい!受けたい!!

朝食の後は、必ずトイレに行く習慣を
続けていれば、だんだんリズムが
整い便意が戻ってくるでしょう。

くれぐれも我慢をしてはいけませよ。
タグ:直腸性

共通テーマ:健康

痙攣性便秘という便秘  [種類]

痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)とは、
慢性便秘の1つです。

精神的ストレスなどが原因によって、
自律神経が乱れてしまい、
大腸の筋肉が緊張して、
痙攣を起こしてみまします。

その結果、
便が排便しづらくなる便秘のことです。


◎痙攣性便秘の原因として

・精神的ストレス
・辛いものなど、刺激性の食べ物の食べすぎ
・睡眠不足など、不規則な生活
・自律神経の乱れ
・下剤の乱用
・過敏性大腸炎
・食物繊維の過剰摂取

などがあげられます。

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。