So-net無料ブログ作成
検索選択

痙攣性便秘という便秘  [種類]

痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)とは、
慢性便秘の1つです。

精神的ストレスなどが原因によって、
自律神経が乱れてしまい、
大腸の筋肉が緊張して、
痙攣を起こしてみまします。

その結果、
便が排便しづらくなる便秘のことです。


◎痙攣性便秘の原因として

・精神的ストレス
・辛いものなど、刺激性の食べ物の食べすぎ
・睡眠不足など、不規則な生活
・自律神経の乱れ
・下剤の乱用
・過敏性大腸炎
・食物繊維の過剰摂取

などがあげられます。

共通テーマ:健康

弛緩性便秘という便秘 [種類]

機能性便秘の一つである、弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)とは、
大腸の筋肉がゆるんで、
蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発に行われないために、
便がスムーズに流れず、
長時間、腸内に便が滞留することで便の水分が腸壁から吸収されて、
便が硬くなって排便しづらくなり、
便秘となってしまうのです。

慢性便秘の中では、弛緩性便秘が一番多いともいわれていて、
高齢者や中年以降のお産を多く経験した女性によく見られています。

また近年では、
腹筋が弱く体力のない若い女性にも見られ、
直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)と
合併する場合もあるようです。

共通テーマ:健康

便秘の種類 (慢性便秘) [種類]

慢性便秘とは機能性便秘の1つです。
一般的には、週2日以上の排便がない状態が、少なくとも1ヶ月以上は持続してしまう便秘が慢性便秘とされています。

PR:アロママッサージ 日本橋

慢性便秘は原因によってさらに、
・弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)
・痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)
・直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)
という風に分けられています。

PR:マッサージ 品川

日頃、便秘といっている多くの場合は、この慢性便秘のことが多いようです。

共通テーマ:健康

便秘の種類 (急性便秘) [種類]

急性便秘とは機能性便秘の1つです。
新生活や旅行などで生活環境が変わったり、偏った食事を摂ったりすることによって、腸(大腸)の蠕動運動(ぜんどううんどう)が鈍ってしまい、一時的に起こる便秘のことをいいます。
また、一過性便秘とも呼ばれているようです。

PR:出張マッサージ キタ

急性便秘の場合は、新生活や生活環境の変化に慣れる、バランスの良い食事を摂るなどによって改善されることがほとんどとなります。
しかし、それでも便秘が解消されない場合は、慢性便秘の可能性も考えられますので注意が必要となります。

PR:マッサージ 大阪


共通テーマ:健康

機能性便秘という便秘 [種類]

機能性便秘とは、腸(大腸)自体には問題はみられないのですが、腸(大腸)の機能が低下し異常がある時に起こる便秘のことでをいいます。

機能性便秘にも「慢性便秘」と「急性便秘」という2つが存在しています。

そして慢性便秘は、「弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)」「痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)」「直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)」の3つに分けられているのです。

日頃、便秘に悩まされているのは、機能性便秘の慢性便秘の場合が多くなっています。

機能性便秘の場合は、日常の生活の中に多く問題があります。
便秘は、食生活を見直したり、生活の習慣を見直しみることで解消できることがありますので、自分の食生活や生活習慣を1度見直してみることをオススメいたします。


共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。