So-net無料ブログ作成
検索選択

かぜとは [症状]

かぜは最もよくみられる病気の1つで、感染している人の鼻水など、かぜのウイルスを含んだ分泌物に手が接触することで主にうつります。
分泌物がついた手で、口、鼻、眼などをさわると、ウイルスが体内に侵入してかぜにかかります。
感染している人のせきやくしゃみで飛び散った飛沫を吸いこんで感染することもあります。

かぜは症状が出てから最初の1〜2日間が最も感染力があります。
体が冷えるとかぜを引く、またはかぜを引きやすくなるということはありません。
体調の良しあしや食習慣、扁桃腺肥大や鼻やのどの異常も、かぜの引きやすさに直接関係はないです。

かぜの症状は、感染してから1〜3日後に現れます。
最初に鼻やのどに不快感があり、くしゃみや鼻水が出て、やや体調が悪くなったように感じます。
熱が出ることはあまりありませんが、初めに少し出ることもあります。
鼻水は初めのうちは透明で水っぽく、煩わしいほどたくさん出ます。
やがて粘液性をもち、色は黄緑色に濁って、出る量も減ってきます。
せきもよくみられます。咳以外の症状は4〜10日でなくなります。

共通テーマ:健康

下痢とインフルエンザ [症状]

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによる感染症で風邪とは異なります。
流行性があり、重症化する場合もあります。

1~3日の潜伏期を経て、悪寒を伴う高熱、全身の倦怠感を伴って発症します。
鼻汁、咳、咽頭痛などの呼吸器症状や、吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状を伴うことが多く、頭痛、関節痛も現れます。身体の悲鳴に出張マッサージ 難波

症状の程度・持続期間はさまざまですが、合併症がない場合は1週間~10日以内に軽快します。
発症した場合の重症度は、ウイルス側の要因と、個体側の要因などによって決まります。
乳幼児は初感染であることが多く、成人に比べて重症化しやすく、また高熱による熱性けいれんを起こすことがあります。リンパマッサージ 世田谷区のすすめ
細菌性の肺炎や中耳炎の合併があると高熱が続くので注意が必要です。

共通テーマ:健康

慢性の軟便症状には [症状]

下痢という軟便を繰り返していると、やがて慢性化してしまいます。
慢性化すると、治りにくくなります。

慢性の軟便症状を抱えている場合は胃腸が弱いと考えられますが、他の要因も考えられます。
気になる場合は、病院で医師の診断を受ける事をおすすめします。
新宿 出張マッサージの癒しの時間

なかには、生まれ持って胃腸が弱いという人もいます。
そのような場合、薬による治療は難しいでしょう。
しかし、改善する為の策はあります。
それは、腸内環境を良くする事です。
身体が軽くなる出張マッサージ 都島区

腸内環境を良くするという事は、善玉菌の活動を活性化し、増殖させ、腸内を健康な状態にする事です。
ビフィズス菌や乳酸菌を摂って、善玉菌を増やすようにしてみましょう。


共通テーマ:健康

下痢のお悩み [症状]

下痢の症状はさまざまですが、自律神経失調症が原因で病気になる過敏性腸症候群があります。

この過敏性腸症候群の症状は、便秘や下痢を繰り返すといった症状が起こります。
腸を検査しても何も異常はなく、精神的ストレスが原因です。
高年期の場合も自律神経が乱れるため、血行が悪くなり腸の働きも低下し便秘や下痢になりやすくなります。

食物繊維を多く摂るように心がけ栄養のバランスの良い食事にします。
運動をすると血行が良くなり腸も刺激されて症状が軽くなってきます。

ストレスも症状を軽くするため、ストレスを発散したり、リラックスできることをやってみましょう。
症状が緩和されない場合は、専門医に相談してみましょう。

共通テーマ:健康

痔と便秘の関係 [症状]

痔と便秘の関係も重要です。
痔と便秘はセットで考えられることもあるくらい、痔と便秘には大変深い関係があります。
慢性的な便秘に悩んでいる人は、同時に痔にもなりやすいからです。

便秘になると、腸内に便が長い期間留まることになります。
その結果、必要以上に水分が吸収されて便が硬くなってしまいます。
これを無理に排便すると、肛門が切れたり、いぼ痔になったりしてしまうのです。
そして、今度は、排便時に痔の痛みに襲われます。
すると今度は、その痛みが嫌でなるべく排便を避けるようになってしまいます。

こうして便秘によって痔になり、痔になったことで便秘になる、という悪循環が始まります。
このような悪循環に陥ってしまわないように、できるだけ早めに医師の診察を受けた方がいいでしょう。

痔はいぼ痔、切れ痔、あな痔の三つのタイプに分けられます。

いぼ痔では、便秘で肛門付近の静脈がうっ血するために痔核ができます。
また、いきむためにうっ血することもあります。

切れ痔は便秘が原因でなりやすい痔です。
硬い便を無理に出そうとして肛門が切れてしまう状態です。

あな痔では、直腸と肛門の境目に細菌が入り込んで化膿し、肛門の近くから膿が出ます。
この痔だけは便秘とあまり関係ありません。

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。